九州大学 地球システム工学コース
九州大学 地球資源システム工学専攻
 
  TOPEnglishPage  
  学部の紹介
大学院の紹介
研究室の紹介
講師の紹介
卒業生の進路
国際研究コース
世界展開力強化事業
リーディングプログラム
持続的資源系人材育成プログラム
国際研究コース
甲寅会(同窓会)
出前講座
交通アクセス
更新情報


九州大学工学部
九州大学大学院工学府
九州大学

 
TOP > 研究室のご紹介 >エネルギー資源工学研究室
研究室







助教 田中俊明
Assist. Prof.
TANAKA, Toshiaki



地熱,地中熱,石油・天然ガス貯留層工学,最適化
貯留層シミュレーション,地中熱利用
流体エネルギー資源生産システムの最適化
エネルギー資源工学,地層内物質移動工学,石油工学
情報処理概論,地球工学実験第一,地球工学実験第二

 エネルギー資源工学研究室は、地熱及び石油・天然ガスなどの流体エネルギー資源の開発・生産に関する学問分野を担当しています。研究ではエネルギー開発における経済性や持続性の向上を目指すとともに環境負荷の低減を重視し、これからの地球環境に配慮した資源の開発・生産を目指しています。
 地熱資源の開発においては、高温の地熱流体を利用する地熱発電から地表付近の大地の熱を利用する地中熱利用まで幅広い研究を行っています。たとえば、3次元の数値モデルを用いた地熱貯留層の数値シミュレーション、熱水型地熱貯留層において不可欠な分離熱水の地下還元に伴うシリカスケール対策、貯留層の推理構造を把握するために実施されるトレーサー試験のモデル実験とフィールドデータの解析手法の開発に重点を置いています。また、地熱流体を生産する坑井内の蒸気・水の二相流動、坑井の生産能力評価、不安定な生産挙動の原因推定などの、地熱発電の大きな特徴である高稼働率を実現するための実用性の高い研究を行っています。
 研究対象フィールドとしては、九州や東北の国内に分布する地熱開発地域及びフィリピンやインドネシアの海外の開発地域を対象とし、グローバルに研究することを目指しています。


エネルギー資源工学研究室へリンク









 

九州大学