九州大学 地球システム工学コース
九州大学 地球資源システム工学専攻
 
  TOPEnglishPage  
  学部の紹介
大学院の紹介
研究室の紹介
講師の紹介
卒業生の進路
国際研究コース
世界展開力強化事業
リーディングプログラム
持続的資源系人材育成プログラム
国際研究コース
甲寅会(同窓会)
出前講座
交通アクセス
更新情報


九州大学工学部
九州大学大学院工学府
九州大学

 
TOP > 研究室のご紹介 >資源処理工学研究室
研究室

教授 平島 剛
Prof.
HIRAJIMA, Tsuyoshi

教授 笹木圭子
Prof.
SASAKI, Keiko

准教授 沖部奈緒子
Assoc. Prof.
OKIBE, Naoko

准教授 三木 一
Assoc. Prof.
MIkI, Hajime

助教 野中壮泰
Assist. Prof.
NONAKA, Moriyasu



資源処理工学,資源リサイクル,バイオレメディエーション
ジオミメティクス,バイオミネラルプロセッシング,高度資源処理技術の開発
都市鉱山(アーバンマイン)におけるリサイクル技術の開発
ジオミメティクスによる環境材料の創製
環境負荷低減型燃料製造と高度資源処理技術の開発
バイオミネラリゼーションに寄与する微生物の探索と利用
粉体工学,リサイクル・環境修復工学
環境微生物学,地球環境化学,資源システム工学実験第一,資源システム工学実験第二

資源処理・環境修復工学研究室では,地殻資源や廃棄物から有用な資源を回収する選別技術や、人間活動に伴って生じた地下水・土壌汚染に対する環境修復技術について、基礎及び応用研究を行っています。近年の資源回収プロセスの複雑化、先端産業から生活の場に至るまで多様化した汚染源からの複合的地下水・土壌汚染は、環境インパクトのみならず大きな社会的影響を与えています。現在、将来実用化が期待される高度な資源分離・精製技術の開発や、ナノテクノロジー、バイオテクノロジーを利用した持続可能な環境修復技術について、実験的な研究を進めています。


資源処理工学研究室へリンク









 

九州大学